かしこく比較して最適なプロバイダを選ぼう

プロバイダとセキュリティ対策ソフトの必要性

プロバイダとの契約の時に、ウィルス対策ソフトなどを導入できるサービスがありますが、その必要性が、理解されていない利用者も多いようで、そのことは注意しないといけないのではないかと思います。ウィルスの感染源は、メールだけではなく、インターネットを通して侵入してくる場合、またウェブサイトを閲覧していて感染する場合、また外部の記憶媒体、例えばUSBステックなどからの感染の場合などがあり、それらを理解しないといけないということで、それをわかりやすく理解してもらえるかどうかが、プロバイダの力量のひとつではないかとも思います。説明は同じなのですが、理解しやすさということでしょう。また最近は少なくなったとは思いますが、ウィルス対策ソフトを導入するとパソコンの動作が重くなるので、使っていないという場合もありますが、そうなると防御が何もない状態になるので非常に危険です。絶対にしないほうがよいでしょう。

また定期的にオンラインスキャンをしてくれているサイトでやっているので、それだけでセキュリティー対策はしているという人もいるようですが、問題点は常駐型でないので、いつ侵入してくるかわからないということで、ウィルス対策には、役に立たたないということや、駆除してもらえないということも大きいデメリットだと思います。あくまでも別な面からのチェックをしたい時の、一つの方法だということでしょう。他にもこれもよくあることですが、期限が切れた後もウィルス対策ソフトを使っている人で、私も以前出会ったことがあり、本人は対策ができていると思っていました。だいたい1年で契約が切れる場合が多いので、その事も気をつけるべきでしょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017かしこく比較して最適なプロバイダを選ぼう.All rights reserved.